つらつらと何かを。

思ったこととか本の感想とかなんでもありなやつ。

将来への不安と焦り。

 

私は今、一般的に言う受験生の年だ。しかし私は中学受験を経ているため、他の友人が勉強に追われている中、普通の生活を送ることが出来る。

 

しかし、中学受験というのは、体験談として言うと、「かけた時間と努力と我慢した分以上の物を求められる」と言える。

 

 

私は小学校の頃、医療関係に就きたくて、中学受験を決意した。が、中学2年生に上がった時の保護者面談で現実を突きつけられた。

 

今の成績では医療関係に就くのは厳しい、と。

 

どん底に突き落とされたような気分だった。今まで志してきた夢を紙を破くかのように容易く切り捨てられたような感じだった。

 

それからというもの、私は勉強意欲が全く沸かず、ただひたすらに出されたものをやるだけという機械的な勉強しかしなくなってしまった。

 

行きたい大学はある、でもこの学部に行きたいという願望はない、就きたい職もない。

お先真っ暗で、誰に相談することもできず、無駄な毎日が過ぎているだけのような気がしている。

 

 

周りから取り残されることへの不安と焦り。それに囚われる日々から抜け出せる日はいつ来るのだろうか。